自動車保険の見積もりと保険料の相場

自動車保険の見積もりと保険料の相場

自動車保険 見積もり 相場

自動車保険 見積もり 平均

自動車保険 見積もり 概算

自動車保険 見積もり おおよそ

自動車保険 見積もり だいたい

自動車保険 見積もり いくらか

自動車保険 見積もり 最安値

 

自動車保険会社は沢山あって、どこの会社が良いのか選べませんよね。
相場を知りたければすべての保険会社から見積もりを取って比較するのが理想的ですが、実際はそうもいきません。
しかも、保険の相場は人それぞれ違うので誰かの自動車保険の数字は全く参考にならないのです。

 

自動車保険会社をきちんと選ぶに当たり、1番簡単な方法とは何でしょう?
自動車保険の保険料は、どのくらいの補償をつけるかで決まります。

 

補償には大きく分けると4種類あって、1事故相手の怪我や障害などに備える補償(対人賠償)・2事故相手の車の修理などに備える補償(対物賠償)、3自分の怪我や障害に備える補償(人身傷害か搭乗者傷害)、4自分の車の修理などに備える補償(車両保険)です。

 

この4つの補償内容によってほぼ保険料が決まります。

 

自動車保険 見積もり 相場

 

もし今、自動車保険に加入しているならもう一度補償内容を確認してみてください。

 

1対人賠償と2対物賠償は事故の相手に支払われるものなので、必ず無制限にしておきましょう。
もし死亡事故を起こした場合の賠償金は億単位になることもあります。無保険の場合は一生かけても支払うことのできない賠償金なりますので、ご注意ください。

 

3の人身傷害と搭乗者傷害は保険金の計算方法が違うのですが、どちらかには加入しておくと安心です。最低金額が3000万円なのでそちらに加入する人が多いようです。 

 

4の車両保険はあると安心ですが、保険料がかなり上がるのでもうすぐ買い替えを考えている車であればつけないという人が多いです。

 

新車や外車など資産価値の高い車であれば車両保険をつけて、そうでなければ自費で修理するという方も多いので状況によって決めてください。

 

ここまで決まったら、あとは自動車保険一括見積もりで複数の保険会社から見積もりを取れば相場がわかります。
同じ補償内容なら、保険料が安い方が嬉しいですね。
それでも迷ったら、ロードサービスの内容やスタッフの対応の早さなども比較して一番良いと思う業者を決めてください。

 

自動車保険 探す

 

 

自動車保険の保険料を決める要素

 

自動車保険の保険料

 

自動車保険の保険料は加入する人それぞれでかなり差があります。
保険料を決める要素には、「車種や年式、年齢、走行距離・使用目的・等級・免許証の色」などで決まります。

 

ですから全く同じ条件の人の保険料を見つけることがほぼ不可能なのです。
自分の自動車保険の保険料の平均を知りたいと思っても、同じ車に乗っていて同じ年齢、等級も同じ・・・というのは難しいです。
もし平均値や相場、最安値の保険料を知りたいのなら、実際に複数の保険会社に見積もりと取るしか方法はないのです。

 

幸い今は一括見積もりができます。
なんか保険会社からいっぱい連絡がきそうで・・・と思うかもしれませんが、ハガキでの返信のところも多いですから比較しやすいですよ。

 

同じ補償内容なら保険料は安いほうがいいと思われる方にオススメの方法です。

 

 

 

 

カット野菜宅配のイエコック 自動車保険を比較した保険料 自動車保険の未加入の問題点 家族全員で自動車保険 無料のダンボール